« 戦略事業最終年度研究成果報告書 | トップページ | 第4回感覚研究フロンティア シンポジウム プログラム »

2019年9月28日 (土)

慈恵医大痛み脳科学センター主催シンポジウム「ペイン研究最前線2019」

Jikei-conference-poster-001_20190928195701
この度、本学・痛み脳科学センターでは、3名の国際的にご活躍のご高名な痛み脳科学研究者をお迎えして、セミナー「ペイン研究最前線2019」を催します。お誘いあわせの上ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時2019年10月7日(月) 10時45分~13時10分
場所:東京慈恵会医科大学 西新橋キャンパス 大学1号館講堂(3階)
(東京都港区西新橋3-25-8)

 

演者と演題:

1.有村大吾・加藤総夫(慈恵医大・神経科学) 10:45-11:10
「Primary role of the amygdala in pain network activation - a chemogenetic manganese-enhanced MRI approach」

2.Lynne Sneddon教授 (リバプール大) 11:10-11:50
「Comparative biology of pain: evidence from fish models」

3.Gregory Scherrer教授 (ノースカロライナ大チャペルヒル校) 11:50-12:30
「Neural circuits and molecular mechanisms for pain unpleasantness」

4.Tor Wager教授  (ダートマス大学) 12:30-13:10
「Developing generalizable brain models of pain and affective processes」


食事はご用意いたしません。必要な方は各自ご用意ください。
お問い合わせは高橋由香里(慈恵医大神経科学研究部)yukaritakahashi@jikei.ac.jpまで。

 

演者紹介

Lynne_sneddon_2018 Lynne Sneddon先生は、魚類をはじめとする水棲生物の痛みの研究でご高名で、ニジマスやコイの三叉神経の侵害受容機能を世界で初めて解明されました。その後、Sneddon Criteriaと呼ばれる「動物に痛みがあると判断するために必要な基準」を発表され、それを通じて、ほとんどの動物種に、ヒトの痛みと類似した機能があることを論証され、トランスレーショナルな痛み研究を推進する上で避けては通れない重要な理論的基盤を打ち立てられました。

1. Sneddon LU, Elwood RW, Adamo SA, Leach MC (2014) Defining and assessing animal pain. Anim Behav 97:201-212.
2. Sneddon LU (2015) Pain in aquatic animals. J Exp Biol 218:967?976.
3. Lopez-Luna J, Al-Jubouri Q, Al-Nuaimy W, Sneddon LU (2017) Impact of stress, fear and anxiety on the nociceptive responses of larval zebrafish. PLoS One 12:e0181010.
4. Sneddon LU, Evolution of nociception and pain: evidence from fish models, Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci. 2019 Nov 11;374(1785).

 

Gregory-scherrer Greggory Scherrer先生は、気鋭の痛み神経科学者としてご高名で、Stanford大学から今年、North Carolina 大学に移られ、常に先端的な痛み研究を推進していらっしゃいます。近年、動物行動評価、脳内ニューロンのリアルタイム・カルシウム・イメージング、光遺伝学および化学遺伝学を駆使した研究によって、扁桃体が痛みとともに生じる不快感を担う中枢である事実を証明されました。

1. Basbaum AI, Bautista DM, Scherrer G, Julius D (2009) Cellular and molecular mechanisms of pain. Cell 139:267?284.
2. Francois A, Low SA, Sypek EI, Christensen AJ, Sotoudeh C, Beier KT, Ramakrishnan C, Ritola KD, Sharif-Naeini R, Deisseroth K, Delp SL, Malenka RC, Luo L, Hantman AW, Scherrer G (2017) A Brainstem-Spinal Cord Inhibitory Circuit for Mechanical Pain Modulation by GABA and Enkephalins. 3. Neuron 93:822-839.e6.
Corder G, Ahanonu B, Grewe BF, Wang D, Schnitzer MJ, Scherrer G (2019) An amygdalar neural ensemble that encodes the unpleasantness of pain. Science 363: 276-281.

 

Wager Tor Wager先生は、痛みを訴えるヒトの脳機能イメージング研究の世界的第一人者です。脳機能イメージングのデータとそのメタ解析、機械学習、ベイズ統計解析を駆使して、大量のデータから痛みなどの特定の機能に関与する脳構造と活動状態の同定を進める、基も影響力のあるトップ・ランナーです。


 

2. Wager TD, Atlas LY, Lindquist MA, Roy M, Woo C-W, Kross E (2013) An fMRI-Based Neurologic Signature of Physical Pain. N Engl J Med 368:1388-1397.
3. Davis KD, Flor H, Greely HT, Iannetti GD, MacKey S, Ploner M, Pustilnik A, Tracey I, Treede RD, Wager TD (2017) Brain imaging tests for chronic pain: Medical, legal and ethical issues and recommendations. Nat Rev Neurol 13:624-638.
4. Woo C-W, Schmidt L, Krishnan A, Jepma M, Roy M, Lindquist MA, Atlas LY, Wager TD (2017) Quantifying cerebral contributions to pain beyond nociception. Nat Commun 8:14211.
5. Wager TD, Atlas LY (2015) The neuroscience of placebo effects: Connecting context, learning and health. Nat Rev Neurosci 16:403-418.
6. Reddan MC, Reddan MC, Wager TD, Schiller D (2018) Attenuating Neural Threat Expression with Article Attenuating Neural Threat Expression with Imagination. Neuron 100:994-1005.e4.
7. Wager TD, Atlas LY (2015) The neuroscience of placebo effects: Connecting context, learning and health. Nat Rev Neurosci 16:403-418.
Koban L, Jepma M, Lopez-Sola M, Wager TD (2019) Different brain networks mediate the effects of social and conditioned expectations on pain. Nat Commun 10:4096.


また、慈恵医大神経科学研究部から、有村大吾大学院生が、マンガン造影小動物MRI法と最先端の化学遺伝学を組み合わせる試みによって、痛みの慢性化の過程における扁桃体の役割を明らかにした研究成果をご紹介させていただきます(Frontiers in Neural Circuit, in press)。

 

« 戦略事業最終年度研究成果報告書 | トップページ | 第4回感覚研究フロンティア シンポジウム プログラム »